RSS
    Admin
    Archives

    食べもの日記。

    ほとんど食べものの話。たまに違うはなし。

    自己紹介

    吉岡よし子

    Author:吉岡よし子
    はじめまして、吉岡よし子です。
    Yahooさんでブログやってましたが
    閉鎖になりましたので2019年10月より
    FC2さんのお世話になることにしました。
    夫婦二人暮らし、北海道に住む普通の住民です。
    女性的な名前ですがそうではありません。
    でも ここでは女性としてみてもらえれば嬉しいな。。。

    コメントありがとうございます♪
    ト・モ・ダ・チ
    私と友だちになりませんか?

    この人とブロともになる

    気になる記事 検索してみてっ!
    例)お弁当
    気になる人、憧れの人、大好きな人
    最近の記事です。
    カテゴリ(分類)
    思い出。
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2011.10
    31
    Category : 食べもの日記


    今時期は毎年どこかしらからじゃが芋もらいますよ。

    今年は直接農家さんからメークインもらいました。

    「ウチのメーク、旨いから食ってみ^^」ってね。



    何かと重宝するお芋さん。

    味噌汁に入れたり煮物にしたり。

    潰してサラダ、揚げたり、グラタンにしたり。





    ただね、、、

    頂いた農家さんからは「ウチのは美味しいから」と言われましたが、

    正直いままで不味い芋に出会った事がありません。

    「ウチのは・・・」ってのがお愛想で言ってるのも解るんですがね。







    メークイン、男爵、キタアカリ、インカの目覚め、トヨシロ、他多数。

    色んな品種があるけど みーーんな美味しい。

    味音痴と言いますかアホ舌と言うのか。

    なんでも旨いと思えるのはある意味お徳な舌のかもしれんけどね。










    関連記事
    スポンサーサイト



    2011.10
    15
    Category : 食べもの日記


    赤飯には小豆派とササゲ派があることを知る。

    甘納豆派は北海道だけなんだな。

    少数派と思われますが千葉県の一部では落花生が用いられるんだそうな。

    とまぁ何となく察してはみたものの。

    、、、

    、、、

    、、、

    、、、

    、、、

    驚きの新事実を発見しましたよ


    法要の席などで振舞われる黒飯って北海道限定なのね(笑

    うちでも時々黒飯(←うるち米)炊いたりするけど

    全国区ぢゃない事にびっくり。

    黒豆ご飯って美味しいのにねぇ。






    黒と言えば。

    ここんとこ黒糖つかってます。

    煮物とかその他で。

    つか黒糖しか常備してません。

    嫌いぢゃないけど独特なあの味は飽きるのではないか、

    と、当初感じてましたが今ではすっかり慣れました。










    関連記事
    2011.10
    09
    Category : 食べもの日記


    小豆と書いて AZUKI と読むか SYOUZU と読むか。

    うちはAZUKI 派です。







    小豆は女性に効くのです。
    女性の何に効くのかは忘れた。

    と、テレビでやってたんで時々食卓に登場します。

    もち米100%ではなく3割らいでね。



    職場では弁当に持ってくと

    「何かあったの?」

    「お祝い?」

    「まさか奥さんっ!?」

    とツッコミ続出なので若干メンドーなメニューですがの。





    子供の頃 赤飯はおやつだと思ってた。

    だって甘いんだもの。

    メイドのフランソワーズが作ってくれた甘納豆赤飯が懐かしいな。

    ステラおばさんの焼いたクッキーも美味しかった。

    執事のギルバートには「お坊ちゃま、甘いものは虫歯になりますよ」

    と、よく叱られたっけ。。。










    * * *








    10,000人の写真展に行ってきました。

    小規模展示会場でしたが良かったです。

    なかでも良かったのは小学生の作品です。

    友達の写真やらゲームの写真、

    お父さん、兄弟、姉妹など。

    えー!?っていう視点が捉えた画は懐かしささえ感じます。

    こんなん今のおれには撮れないな。

    よごれた大人になってしまいました(-_-)





    来年は本会場に行って10,000の感動に出会いたいものです。









    関連記事