RSS
    Admin
    Archives

    食べもの日記。

    ほとんど食べものの話。たまに違うはなし。

    わたしの事

    吉岡よし子

    Author:吉岡よし子
    *
    はじめまして、吉岡よし子です。
    Yahooさんでブログやってましたが閉鎖になりましたので2019年10月よりFC2さんのお世話になることにしました。

    夫婦二人暮らし、北海道に住む普通の住民です。
    女性的な名前ですがそうではありません。

    気になる記事 検索してみてっ!
    例)お弁当
    最近の記事です。
    気になる人、憧れの人、大好きな人
    コメントありがとうございます♪
    カテゴリ(分類)
    思い出。
    ト・モ・ダ・チ
    私と友だちになりませんか?

    この人とブロともになる

    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2012.08
    27
    Category : 食べもの日記


    所用があって朝から実家に行きましたよ。

    2階の昔の自分の部屋で用をたしてましたよ。


    昼時になると

    「魚焼けたよー」と母。


    懐かしいお袋の手料理か、

    と思い階段をおりると、まったく懐かしくない風景が目の前に。




    ※塩麹漬け秋刀魚、去年塩漬け保存してた蕗の煮付け、胡瓜の酸っぱい漬物蕪の甘酢漬け




    子供の頃に食べた鶏モモ肉のぐちゃぐちゃ焼きやら

    薄切り豚肉のペラペラとんかつ、ピーマンの油炒め(過ぎてクタクタしてた)、

    などを期待してたのにねぇ。


    ま、当時は子供が喜ぶ料理を作ってた、って事ね。

    今は独り暮らしなので年相応な食事さね。

    でもね、これがまた旨いのよね。

    クチに馴染むと言いますか何とも旨いのですよ。

    特に蕪の甘酢漬けが新鮮でしたよ。








    デザートは知り合いの農家さんから頂いた無農薬トマト。

    いい香りがしましたよ。




    食事が終わっても グレープ剥いたの食べなさいだの、

    美味しいキャベツも食べれだのポテトサラダもあるからーだの

    ホタテの刺身も食べれだの怒涛の食べろ攻撃。

    しょうがないのでグレープ食べるわ、、、と言うと出てきたのはグレープフルーツでした(笑





    夕方帰ろうとすると今度は米持ってけだの

    大根持ってだのお茶持ってけだの 持ってけ攻撃。

    とても独り暮らしの老人とは思えない量の食材ストック。

    ありがたく頂戴しましたよ。






    帰りは日中の暑さが残り、生ぬるい夏の夕方、

    心地よい空気感が好きですよ。

    夏の日の夕方って何かワクワクするような気になるのは私だけでしょうか。











    関連記事
    スポンサーサイト



    Comment

    非公開コメント

    No title

    幸せな時間でしたね♪
    きっと 母様もそう感じたのでは?

    私も 実家に行くと もってけ攻撃 くらいます~
    週に2回くらい行くのに~ 手ぶらで返してくれません

    いくつになっても
    子供は子供。

    No title

    子供はいくつになっても子供。
    「お盆には帰るから」の息子からの電話があって以来、
    何を作るかず~~~っと考えていて、
    あれも買ってこれも買って、
    そうだ!アイスクリームも作らねば!と、
    アイスクリームも用意して・・・
    が・・・・
    「やっぱ、お正月に行くわ!」のメール。
    ま、しゃないいなあ・・・と、自分を納得させるしかない私(泣)

    No title

    いい親孝行になりましたね

    No title

    実家に帰って自分の好きな物を作ってくれているとホッとしますよね。
    私が実家に帰ると大量に巻き寿司を作って待っています。
    その量の多さにダンナはひいています。
    いくら昔食べたからと言って、今は年とっちゃったのでもうそんなに食べられないのにね。

    No title

    実家のご飯って何であんなに美味しいんでしょうねー。
    ほっとする味で、ホントに美味しいー。

    私の場合、作らなくてもいいご飯なので美味しさ倍増です。

    よしおかさんのお母さまも嬉しかったんでしょうね

    No title

    『 そんなの食べたくないw』
    『 重いから、持って帰らない。要らないw』
    ・・・ ありがとうが言えるようになった時、自分も大人になったなぁ、と
    つくづく思いました (o^_^o)
    よしおかさんの場合、大食いなだけ??(・ω・) ダケ?

    No title

    >くんくんさん
    ま、幸せな時間かどーか、、、は別にして(笑)
    とりあえず顔出しときゃ安心するかなーなんてねぇ。
    モノを捨てられない昭和一ケタ生まれなんで持ってけ攻撃を受けるのもしゃーないかも。
    どこの親も同じですの(^^)

    No title

    >おねぇ
    オレは親になった事ないから親の気持ちはわからんよ。
    ぶっちゃけ特別な事はしてくれなくってもいい、ってのが男の子の本音かなぁ。
    親のココロ子知らず?
    ただね、100%の受け入れ態勢はありがたいと思ってますよ^^

    No title

    >くまがい食堂さん
    生きてる内にあと何回会えるかな、何て考えちゃうんだ。
    顔出しすぎると面倒な事もあるんだけどね(苦笑

    No title

    >bたん
    親ってさ、自分の子供はいくつになっても変わらないと思ってるのかな。
    味の好みも趣味、行動、みーんな子供の頃と同じでしょ、みたいな。
    ほんと、どこの親も同じようなもんだね。

    No title

    >チャームさん
    実家メシの安心感って不思議ですな(^^)
    そう思えるような家にしてくれた母親は偉大なのかも。
    チャームさんも今は大変かもしれないけどそんな安心出来る家になれば良いですね。

    No title

    >R氏
    このブログ記事でよしおかさんは親孝行でオトナでイイ人のイメージ定着したな。
    作戦成功(* ̄m ̄)

    いやいや、ほんと老いては子に従え、も良いけど
    子は老いた親に従え、ってもありなのだな、思うのだよ(^^)

    No title

    私も子供が来ると同じことしてる。。。
    母の考えることって皆同じなのね。
    子供の顔をぱっと見ただけで心配事があるかないかすぐわかる。
    3人とも今のところ幸せな表情をしてるので安心している母です。
    よしおかさんのお母様もきっと安心なさっているでしょう。(*^。^*)

    No title

    >まるこさん
    顔見ただけで分かっちゃうんですか?
    んー、悪いこと出来ないですねぇ(笑
    ウチも3人兄弟ですが3人とも平凡ながら平和に暮らしてますので とりあえずはOK(←何が?)だと思います^^