RSS
    Admin
    Archives

    食べもの日記。

    ほとんど食べものの話。たまに違うはなし。

    わたしの事

    吉岡よし子

    Author:吉岡よし子
    *
    はじめまして、吉岡よし子です。
    Yahooさんでブログやってましたが閉鎖になりましたので2019年10月よりFC2さんのお世話になることにしました。

    夫婦二人暮らし、北海道に住む普通の住民です。
    女性的な名前ですがそうではありません。

    コメントありがとうございます♪
    ト・モ・ダ・チ
    私と友だちになりませんか?

    この人とブロともになる

    気になる記事 検索してみてっ!
    例)お弁当
    気になる人、憧れの人、大好きな人
    最近の記事です。
    カテゴリ(分類)
    思い出。
    Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
    2015.09
    21
    Category : 食べもの日記



    食卓においしい塩引きが登場する季節になりました。

    (塩引き、、、、方言???)




    豚肉文化な街で育ったせいか「お肉ダイスキ!」な私ですが、

    ハラスがお塩で真っ白な塩引きは格別のおいしさです。

    切り身一枚でご飯が何杯でもイケちゃう危険な食べ物ですね







    で、多めに焼いて 残りはほぐしてストック。

    野菜炒めにいれたりお茶漬けにしたりね、もちろん おむすびの具にもなります。










    塩引き、かつ節、梅、紫蘇味噌、紅生姜。

    お味は食べてからのお楽しみです。

    ロシアンルーレット的な罰ゲームでたっぷり山葵なんてあったりして、、、、、ありませんけど(笑





    この日のお弁当はおむすびオンリーですが

    楽しいお昼ごはんになりました。









    *   *   *






    巷で流行ったお握らずも定番になったのかな。

    レシピ本も出たりね。

    そして今はスティックお握りへと進化した模様。






    ※写真はお借りしてます。





    ってね、私、流行る前に作ってましたよ、どっちもね^^

    過去記事
    より抜粋


    具沢山おむすび。











    食べやすい海苔巻きタイプ。









    関連記事
    スポンサーサイト



    Comment

    非公開コメント

    No title

    もうー! 写真がいちいち拷問!!!
    食べたいー(T_T)
    お弁当ないと おにぎりなんてホントに食べなくなる~
    今度 お昼にわざわざご飯炊いて わざわざ握る!! (笑)

    白飯おにぎり好きだけど 雑穀米おにぎり 好きー☆

    No title

    塩引きがシャケって知った時に、あ~なる程ねって思いました。
    おむすびには必需品よね。

    今おにぎらずが流行っているけど中学生の時のお弁当、いつもこれだった。
    母は最先端行ってたんだ!(笑)

    No title

    塩引き、言いますよ。
    子供の頃は、塩引きって言う魚の名前だと思ってた(笑
    おにぎりってさ、なぜか3~4個
    はペロッと食べれる。でも、コンビニでは恥ずかしいから一個しか買わない^^;

    No title

    ★くんちゃん
    うちはね、お弁当無い日でも作ります。
    サイズは大小ばらばらのお結び。
    その時のお腹具合で大きいの選んだり小さいの選んだりね^^

    週6の割合で雑穀米食べてるよ♪
    白米だけじゃ物足りない感じになってしまいました

    No title

    ★サキさん
    鮭、梅、かつ節。
    おむすび界の三種の神器ですよ^^

    おいしいモノはいつの時代でも同じ!
    さすがサキ母!一歩も二歩も先を歩いてたんだ~
    サキさんもその血を受け継いでるんですね♪

    No title

    ★らっき
    私も「塩引き」=「魚の名前」だと思ってましたよ!(笑

    ねー、おむすびマジック♪
    恥ずかしくないよ、いっぱい買っちゃえ^^
    コンビニおむすびは日々進化してるね。

    No title

    ★らっき
    子供の頃は小僧寿しで食べたエビマヨ巻とかツナマヨ巻の味が感動モノのおいしさでした。
    おむすびの具でもマヨ系が当たり前になってるもんね。